診療案内

  • TOP
  • 診療案内

外科

*一般外科
*消化器外科
*肛門科
  保険診療で肛門疾患(痔核、裂肛、痔瘻)の手術を行っています。わかりやすい説明を心がけ、患者さんその人にとっての最善を尽くすことを考えております。

外科

*内視鏡検査
外から見えない身体の中を、先端にレンズのついた管を差し入れて観察し、 場合によっては処置・治療をする医療機器を内視鏡といい、 この機器を用いて消化管の内部を観察する検査のことを内視鏡検査といいます。

*上部内視鏡:
男性医師による診断になります。

*下部内視鏡:
大腸内視鏡検査とは、先端に高性能カメラをつけた細い管(ファイバースコープ)を肛門から挿入し、
大腸の奥 の盲腸まで挿入した後に引きながら大腸内の粘膜を観察する検査です。

便潜血陽性の際の大腸の検査や大腸ポリープの経過観察、
炎症性腸疾患の内視鏡による診断を行います。
また、小さな大腸ポリープは内視鏡検査時に切除を行います。
予約制になっておりますので、ご希望の方は御電話にてお問い合わせください。(TEL:0797-73-7591

内科

内科

消化器内科
胃腸疾患(胃痛、下痢、嘔吐、食欲不振、腹痛、便秘、過敏性腸症候群など)や肝臓・胆のう・すい臓疾患(慢性肝炎、胆石、慢性膵炎など)などの一般的な消化器疾患に対する検査や治療を行います。
また、当院では行っていない、胃や大腸の内視鏡検査に関しては必要であれば、適切な医療機関、検査機関に紹介させていただきます。

*内科一般
・循環器内科
・生活習慣病(糖尿病)
※週に1回循環器と糖尿病の専門の先生が来られています。